スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のファフナーEXODUS 26話◇感想

26話 竜宮島
とうとう最終話です…


ショタコア「このまま奴らのミールを同化しろ!!!」

キース「いたよ!Dアイランドの死神が!」
ビリー「兄さんの仇!!!」

史彦「人類軍の戦士達に告ぐ。現在我々は新たに到来するミールを人類に有益なものとする作戦を遂行中である。
我々の成果である全てのデータを諸君に提供したい」
バーンズ「くだらん。攻め込め!」
そして艦隊が展開し囲まれる
史彦「あれは意思表示だ。会話を選ぶ者達の」

そしてデータを大量に送り込み丸め込む。
ドンマイさん「声が…届いた…」
織姫「こうなることが分っていたのね」
史彦「彼等は新国連という大義名分を捨てた。敵コアが人を操る術は限られている」
部隊の人数も限られているからね
人類軍「通常弾に切り替え!目標変更!」
彗「人類軍が…助けてくれてる…」
彗「くっ…ぐっ…」

里奈「波長を合わせて!破るわよ!」
彗「はいっ!」

美羽「なんで…?ママ!」
弓子「希望を還すのよ」

エメリー「私は弟が願ったから生きられた。あなたが弓子の命を願ったように」
美羽「ちがう!ママは生きてる!ママは元気だもん!いなくなっちゃ嫌だ!ママ!!ママ!!!」

一騎「うおおおおおおお!!!」

アイ「ミツヒロ!!!」
ジョナミツ「アイ!!!」

アイ「真壁は私が…!!!」
一騎『人じゃない!でも心を感じる…!』
総士「やめるんだ一騎!!!」
ショタコア「お前とミールの調和を消してやる」

アイ「私達の希望を叶えて…ミツヒロ…」
フェンリル起動して爆発した…

総士「一騎ィーー!!!!!!!」
ジョナミツ「 …アイ…」
ジョナミツ「皆殺しにしてやる!!!!!!!」

彗里奈「くらえええええええええ!!!!!」

ジョナミツ「アショーカ?どうやって復活した?!」
甲洋「このシールドをワームで侵す!!」

剣司「再生が遅い…!あの機体の力か?」

ショタコア「さぁ!ぼくのものになれ!」
「?!」

一騎を護る翔子とカノン
操「島のミールが君を守ってる。
そいつを拒んで。一騎!」

美羽「ママ!いかないで…」
弓子「やっと分かってあげられた。あなたの力の素晴らしさを。自分を信じなさい。どんな時も」
美羽「ママ…」
弓子「側に居るわ。私もパパも。愛してる」
美羽「ママーーー!!!!!!!」

エメリー「逢えてよかった。私の一番のお友達だよ。美羽」
美羽「お願い…いかないでエメリー」
エメリー「私達の命はこの島のミールと共に巡り続ける。またたくさんお話しようね」

美羽「エメリーーーーーー!!!!!」

最初エメリーのこと怪しんでたよ私…ごめんねエメリー…エメリーは純粋にとても良い子だった…

ナレイン「長い道程だった…今この命を還す!世界に発て我らの希望よ!」

キース「死神が!消えちまいな!」フェンリル起動
ビリー「兄さんの…仇!!」
真矢がビリーとキースのコックピットを切り離す。
そしてキースは落下して笑いながら自爆
総士「一機ずつでは(レゾンの)シールドを破壊できない!」
一騎「タイミングを合わせる!」
ニヒトの腕がちぎれる
総士「行け!一騎!!!
やれ!一騎!その怪物を消しされ!!!」
ニヒトが落ちる
ジョナミツ「次はおまえだ真壁…世界の英雄は俺が殺す!」
総士「飛べ。マークニヒト。まだ終わりの時では無いぞ」
剣司「おまえしか動けない。ベイグラントを止めてくれ!!」
総士「了解した!!」
総士「今更だが気分が良いものだな。仲間に指揮を預けて戦えるというのは!」

美羽「うん。美羽も嬉しいよ!産まれたこと」

ショタコア「来た!さぁ僕達の憎しみを同化しろ!!!
え…なぜそっちへ…?ぼくの声が届かない?!」

ジョナミツ「アルタイル!!!純粋ミールが来た!!!」
甲洋「なんて力…みんな支配される…」
 
織姫「来たよ。史彦」
史彦「ついに到来したか」
織姫「そう。あなた達が島を出る未来も」
史彦「なに?!」
織姫「美羽があのミールに私の声を届けてる。島で眠らせる為に」
「有益な存在に変えるのでは?」
織姫「その為の力はまだ幼いから」
ショタコア「おまえを同化してやる!!!」
織姫「憎しみの理由さえ忘れた絶望のコア!存在と無の力があなたを止めるわ!」

 
総士「コアの亡霊よ!感じるか?
それが痛みだ!!!!!
僕がおまえ達に与える祝福だ!!!!
ショタコア「ぐわあああああ!!!」


織姫「一番希望に満ちた未来に辿り着いた。
行きなさい!そしていつか島を目覚めさせて
史彦「希望?君はこれからどうするんだ?」
織姫「島に命を還すわ。次に産まれるコアを迎えてあげて」
史彦「プランデルタを発動!!!」
剣司「プランデルタが発令された?!」
咲良「そんな!どうして?!!」
芹「織姫ちゃん!!!!」
猛ダッシュする芹ちゃん
剣司「立上!!!待て!!行くな!!!」
織姫「迷わず行きなさい」
史彦「未来を見つめる戦いに耐えて我々を守り抜いた島のコア。皆城織姫に感謝する」
  
織姫「みんなが願い、私が産まれた。ありがとう」
史彦「アルヴィス総員、必ずこの島に戻る」

そして身体が弱った澄美さんがプラン進行させる、
島を出ればあと少しは生きれるけど最期はここで過ごしたいと申し出る
織姫「あなたが眠るまで通信を保ってあげる。別れの言葉を言えるように」
澄美「ありがとう。人の心を持つコアが居たから私達は生きられた」




ジョナミツ「消えろ!!真壁!!!」
一騎『いなくなってもそいつが居た証拠はどこかに残る。そうだろ?翔子。カノン。』
ジョナミツ「終わりだ!真壁!!!」

一騎「おれはおまえを信じる。お前の心は今どこにいる?ミツヒロ」

ミツヒロの心が呼応する
ジョナミツ「俺が…アイを…殺したんだ…頼む真壁…俺を消してくれ…」
ショタコア「お前は僕の物だ!!!」









織姫「私、怖くないよ。」
本当は怖いんだろうな…


織姫「なに?」
芹ちゃんが飛んでくる
「ドゥワアアアアアアァアアア!!!!!」

織姫「芹!!!何をしているの?島を出なさい!!!」 
芹「織姫ちゃん…いつも1人で泣いてた。悲しくてもみんなを守って。
私が織姫ちゃんを守るよ。ずっと一緒に居るよ」


織姫「やめてよ…やだよ!!!芹ちゃんは生きてよ!!!居なくならないでよ!!!!!」
 
うわあああああ織姫ちゃんは芹ちゃんって心の中でいつも呼んでたのか織姫ちゃん(;_;)

織姫「私達にはあなたを変える力は無い。でも眠らせることはできる。
この星であなたと対話させる相手は未来に居るの
その時までは眠りなさい。この島で」
ゴル結に語りかける

咲良「母さんそこを出て!お願い母さん!!」
澄美「行きなさい。剣司くんと一緒に」
咲良「嫌だ!母さん!!!母さん!!」


織姫「あなたは眠って。島が目覚める日まで。また会おうね。芹ちゃん…
「また会おうね芹ちゃん」のとこで声が震えてる織姫ちゃん。本当の織姫ちゃんの優しい口調と気持ちが出てて涙

 
竜宮島が飲み込まれていく。眠りにつく竜宮島。
史彦「全島民に告ぐ。これは滅びでは無い!!新たな希望である!我々は必ずや故郷へ帰る!!!」
総士「これが…辿り着いた未来…怖いか?ニヒト。…僕もだ。
存在が消える恐怖。痛みの固形化。」
織姫『産まれることへの恐れも同じ。
痛みも悲しみも生きること全て祝福なの。
全てを受け入れて世界を祝福する時、誰もが希望に満ちた未来を開く。
いつだってそれは信じていい未来なんだよ。総士。
総士「還ったか。織姫…僕らも還ろう、ら命の源へ」


一騎「フェストゥムの世界?」
総士「その入り口。
存在と無の地平線だ。
僕は今度こそその地平線を越えるだろう。
無と存在の調和を未来に託して
 
一騎「待て総士!俺も!」
 
「甲洋」

「来栖?」
 
総士「未来を導け。一騎。そして互いの祝福の彼方で会おう。何度でも」
一騎「あぁ。必ず」





ビリー「真矢!!!」

ビリー「兄さんは正しい人だった。アイもミツヒロも。なのに…何が正しいか分からない…!!!うわああああ」

?!!!!なんと溝口さんに撃たれるビリー…
弟子が殺されそうになってたから当然師匠として正しい判断なんだろうけど
まさかビリーが溝口さんに撃たれるだなんて想像もしていなかった…

真矢「撃って良かったんだよ…ごめんね…」

美羽「真矢お姉ちゃん」

真矢「美羽ちゃん、お姉ちゃん達は?」
美羽「みんなここにいるよ」



美羽「みんなを守ってくれてありがとう」

剣司「必ず帰るぞ。俺たちの島へ」




それから二年後の海神島






「ねぇ、あの向こうには何があるの?」
一騎「世界とおまえの故郷だ」
  
「世界?故郷?」
一騎「行こう。総士」
 
―君は知るだろう。苦しみに満ちた生でも存在を選ぶ心。
それが僕らを出会わせるのだろう。
世界の祝福と共に僕らは出会い続ける
まだ見ぬ故郷に帰り続ける。何度でも

織姫ちゃんの「やだよ芹ちゃん…!!!」
のシーンで涙腺崩壊した…
織姫ちゃん…あのシーン思い出すとまた泣ける
広登との「頑張ったな。暉」のあと抑えてた感情が溢れた暉のシーンも号泣だった
エグゾではこの2つのシーンで号泣
それと広登のお父さんが涙堪えてるところとドンマイさんが「どうして…」って感情が爆発するとこも泣いた
エグゾは広登暉の今まで描かれなかった関係性とかが濃く描かれて嬉しかったけど
芹ちゃんとのやり取りはほぼ無くてなぁ
芹ちゃんは乙姫ちゃんと織姫ちゃん全力ラヴァーだから
芹ちゃんは島で眠り目覚めを待つということで
織姫ちゃんや広登達が存在したという島の記憶と共に眠ってるという風に考えると
芹ちゃん的には良い選択だったのかな
芹ちゃんが目覚めるまでは芹ちゃん世代は里奈ちゃん1人だけ…
成人式も里奈ちゃん1人でやるのかな…
広登世代ラヴァーとしてはEXODUSは辛さしか感じない作品だった。
HAEで終わっていてくれた方が幸せだったし何度も見返していた。
真矢もEXODUSは辛かったな…
最終回で一騎との会話ややりとり皆無だったし
2クール目突入してから真矢には最後まで辛い展開しかなかった。
キースとビリーは暉と真矢がもしかしたら彼等のような闇落ちしてたかもしれないという対比。
暉は広登、ウォルター、真矢のメンタルケアが無ければ完全闇落ちしてたし
真矢もギリギリ踏みとどまったが23話で闇落ちしかけてたし
エグゾは後半ずっと真矢が辛いままで終わった印象
最後美羽ちゃんが「みんなを守ってくれてありがとう」って抱きしめてくれた時少しだけ心の枷や重荷が和らいだのかもしれないけど
真矢のお姉さんであり美羽ちゃんのお母さんの弓子さんもいなくなっちゃったんだと思うと悲しい
彗くんはあの後里奈ちゃんにお尻見せてもらったのかな…
そして新たなファフナー呪いのジンクスに気付いた人がいた
道生の銃所持者
道生→死亡
弓子→死亡
真矢→生存
アイ→(ビリーに渡すまで所持)死亡
ビリー→渡されてすぐ死亡

…。
そしてHEAVEN AND EARTHを最後にファフナーシリーズ締めてれば死ななかった島のキャラ達

  • 広登


  • カノン

  • オルガ

  • 澄美

  • 弓子

  • 総士


…。
続編はもう作って欲しくないな。一騎と総士の物語はエグゾで終了だし
続編作っても更なる焼き増しにしかならなさそうだし。
そんなお通夜モードだったけど
広登ファン的にはハッピーな情報が突如発表された
なんと蒼穹のファフナーEXODUS 8巻の円盤の特典に広登のキャラソン
全力LOVE」が収録されるとのこと!!!!!!イヤッホォォォイ!!!!!





やっと「愛っ☆」のフルバージョンが聞けるよ!!!
スポンサーサイト
剣司「おまえしか動けない。ベイグラントを止めてくれ!!」
総士「了解した!!」
総士「今更だが気分が良いものだな。仲間に指揮を預けて戦えるというのは!」

美羽「うん。美羽も嬉しいよ!産まれたこと」

ショタコア「来た!さぁ僕達の憎しみを同化しろ!!!
え…なぜそっちへ…?ぼくの声が届かない?!」

ジョナミツ「アルタイル!!!純粋ミールが来た!!!」
甲洋「なんて力…みんな支配される…」
 
織姫「来たよ。史彦」
史彦「ついに到来したか」
織姫「そう。あなた達が島を出る未来も」
史彦「なに?!」
織姫「美羽があのミールに私の声を届けてる。島で眠らせる為に」
「有益な存在に変えるのでは?」
織姫「その為の力はまだ幼いから」
ショタコア「おまえを同化してやる!!!」
織姫「憎しみの理由さえ忘れた絶望のコア!存在と無の力があなたを止めるわ!」

 
総士「コアの亡霊よ!感じるか?
それが痛みだ!!!!!
僕がおまえ達に与える祝福だ!!!!
ショタコア「ぐわあああああ!!!」


織姫「一番希望に満ちた未来に辿り着いた。
行きなさい!そしていつか島を目覚めさせて
史彦「希望?君はこれからどうするんだ?」
織姫「島に命を還すわ。次に産まれるコアを迎えてあげて」
史彦「プランデルタを発動!!!」
剣司「プランデルタが発令された?!」
咲良「そんな!どうして?!!」
芹「織姫ちゃん!!!!」
猛ダッシュする芹ちゃん
剣司「立上!!!待て!!行くな!!!」
織姫「迷わず行きなさい」
史彦「未来を見つめる戦いに耐えて我々を守り抜いた島のコア。皆城織姫に感謝する」
  
織姫「みんなが願い、私が産まれた。ありがとう」
史彦「アルヴィス総員、必ずこの島に戻る」

そして身体が弱った澄美さんがプラン進行させる、
島を出ればあと少しは生きれるけど最期はここで過ごしたいと申し出る
織姫「あなたが眠るまで通信を保ってあげる。別れの言葉を言えるように」
澄美「ありがとう。人の心を持つコアが居たから私達は生きられた」




ジョナミツ「消えろ!!真壁!!!」
一騎『いなくなってもそいつが居た証拠はどこかに残る。そうだろ?翔子。カノン。』
ジョナミツ「終わりだ!真壁!!!」

一騎「おれはおまえを信じる。お前の心は今どこにいる?ミツヒロ」

ミツヒロの心が呼応する
ジョナミツ「俺が…アイを…殺したんだ…頼む真壁…俺を消してくれ…」
ショタコア「お前は僕の物だ!!!」









織姫「私、怖くないよ。」
本当は怖いんだろうな…


織姫「なに?」
芹ちゃんが飛んでくる
「ドゥワアアアアアアァアアア!!!!!」

織姫「芹!!!何をしているの?島を出なさい!!!」 
芹「織姫ちゃん…いつも1人で泣いてた。悲しくてもみんなを守って。
私が織姫ちゃんを守るよ。ずっと一緒に居るよ」


織姫「やめてよ…やだよ!!!芹ちゃんは生きてよ!!!居なくならないでよ!!!!!」
 
うわあああああ織姫ちゃんは芹ちゃんって心の中でいつも呼んでたのか織姫ちゃん(;_;)

織姫「私達にはあなたを変える力は無い。でも眠らせることはできる。
この星であなたと対話させる相手は未来に居るの
その時までは眠りなさい。この島で」
ゴル結に語りかける

咲良「母さんそこを出て!お願い母さん!!」
澄美「行きなさい。剣司くんと一緒に」
咲良「嫌だ!母さん!!!母さん!!」


織姫「あなたは眠って。島が目覚める日まで。また会おうね。芹ちゃん…
「また会おうね芹ちゃん」のとこで声が震えてる織姫ちゃん。本当の織姫ちゃんの優しい口調と気持ちが出てて涙

 
竜宮島が飲み込まれていく。眠りにつく竜宮島。
史彦「全島民に告ぐ。これは滅びでは無い!!新たな希望である!我々は必ずや故郷へ帰る!!!」
総士「これが…辿り着いた未来…怖いか?ニヒト。…僕もだ。
存在が消える恐怖。痛みの固形化。」
織姫『産まれることへの恐れも同じ。
痛みも悲しみも生きること全て祝福なの。
全てを受け入れて世界を祝福する時、誰もが希望に満ちた未来を開く。
いつだってそれは信じていい未来なんだよ。総士。
総士「還ったか。織姫…僕らも還ろう、ら命の源へ」


一騎「フェストゥムの世界?」
総士「その入り口。
存在と無の地平線だ。
僕は今度こそその地平線を越えるだろう。
無と存在の調和を未来に託して
 
一騎「待て総士!俺も!」
 
「甲洋」

「来栖?」
 
総士「未来を導け。一騎。そして互いの祝福の彼方で会おう。何度でも」
一騎「あぁ。必ず」





ビリー「真矢!!!」

ビリー「兄さんは正しい人だった。アイもミツヒロも。なのに…何が正しいか分からない…!!!うわああああ」

?!!!!なんと溝口さんに撃たれるビリー…
弟子が殺されそうになってたから当然師匠として正しい判断なんだろうけど
まさかビリーが溝口さんに撃たれるだなんて想像もしていなかった…

真矢「撃って良かったんだよ…ごめんね…」

美羽「真矢お姉ちゃん」

真矢「美羽ちゃん、お姉ちゃん達は?」
美羽「みんなここにいるよ」



美羽「みんなを守ってくれてありがとう」

剣司「必ず帰るぞ。俺たちの島へ」




それから二年後の海神島






「ねぇ、あの向こうには何があるの?」
一騎「世界とおまえの故郷だ」
  
「世界?故郷?」
一騎「行こう。総士」
 
―君は知るだろう。苦しみに満ちた生でも存在を選ぶ心。
それが僕らを出会わせるのだろう。
世界の祝福と共に僕らは出会い続ける
まだ見ぬ故郷に帰り続ける。何度でも

織姫ちゃんの「やだよ芹ちゃん…!!!」
のシーンで涙腺崩壊した…
織姫ちゃん…あのシーン思い出すとまた泣ける
広登との「頑張ったな。暉」のあと抑えてた感情が溢れた暉のシーンも号泣だった
エグゾではこの2つのシーンで号泣
それと広登のお父さんが涙堪えてるところとドンマイさんが「どうして…」って感情が爆発するとこも泣いた
エグゾは広登暉の今まで描かれなかった関係性とかが濃く描かれて嬉しかったけど
芹ちゃんとのやり取りはほぼ無くてなぁ
芹ちゃんは乙姫ちゃんと織姫ちゃん全力ラヴァーだから
芹ちゃんは島で眠り目覚めを待つということで
織姫ちゃんや広登達が存在したという島の記憶と共に眠ってるという風に考えると
芹ちゃん的には良い選択だったのかな
芹ちゃんが目覚めるまでは芹ちゃん世代は里奈ちゃん1人だけ…
成人式も里奈ちゃん1人でやるのかな…
広登世代ラヴァーとしてはEXODUSは辛さしか感じない作品だった。
HAEで終わっていてくれた方が幸せだったし何度も見返していた。
真矢もEXODUSは辛かったな…
最終回で一騎との会話ややりとり皆無だったし
2クール目突入してから真矢には最後まで辛い展開しかなかった。
キースとビリーは暉と真矢がもしかしたら彼等のような闇落ちしてたかもしれないという対比。
暉は広登、ウォルター、真矢のメンタルケアが無ければ完全闇落ちしてたし
真矢もギリギリ踏みとどまったが23話で闇落ちしかけてたし
エグゾは後半ずっと真矢が辛いままで終わった印象
最後美羽ちゃんが「みんなを守ってくれてありがとう」って抱きしめてくれた時少しだけ心の枷や重荷が和らいだのかもしれないけど
真矢のお姉さんであり美羽ちゃんのお母さんの弓子さんもいなくなっちゃったんだと思うと悲しい
彗くんはあの後里奈ちゃんにお尻見せてもらったのかな…
そして新たなファフナー呪いのジンクスに気付いた人がいた
道生の銃所持者
道生→死亡
弓子→死亡
真矢→生存
アイ→(ビリーに渡すまで所持)死亡
ビリー→渡されてすぐ死亡

…。
そしてHEAVEN AND EARTHを最後にファフナーシリーズ締めてれば死ななかった島のキャラ達

  • 広登


  • カノン

  • オルガ

  • 澄美

  • 弓子

  • 総士


…。
続編はもう作って欲しくないな。一騎と総士の物語はエグゾで終了だし
続編作っても更なる焼き増しにしかならなさそうだし。
そんなお通夜モードだったけど
広登ファン的にはハッピーな情報が突如発表された
なんと蒼穹のファフナーEXODUS 8巻の円盤の特典に広登のキャラソン
全力LOVE」が収録されるとのこと!!!!!!イヤッホォォォイ!!!!!





やっと「愛っ☆」のフルバージョンが聞けるよ!!!
スポンサーサイト
剣司「おまえしか動けない。ベイグラントを止めてくれ!!」
総士「了解した!!」
総士「今更だが気分が良いものだな。仲間に指揮を預けて戦えるというのは!」

美羽「うん。美羽も嬉しいよ!産まれたこと」

ショタコア「来た!さぁ僕達の憎しみを同化しろ!!!
え…なぜそっちへ…?ぼくの声が届かない?!」

ジョナミツ「アルタイル!!!純粋ミールが来た!!!」
甲洋「なんて力…みんな支配される…」
 
織姫「来たよ。史彦」
史彦「ついに到来したか」
織姫「そう。あなた達が島を出る未来も」
史彦「なに?!」
織姫「美羽があのミールに私の声を届けてる。島で眠らせる為に」
「有益な存在に変えるのでは?」
織姫「その為の力はまだ幼いから」
ショタコア「おまえを同化してやる!!!」
織姫「憎しみの理由さえ忘れた絶望のコア!存在と無の力があなたを止めるわ!」

 
総士「コアの亡霊よ!感じるか?
それが痛みだ!!!!!
僕がおまえ達に与える祝福だ!!!!
ショタコア「ぐわあああああ!!!」


織姫「一番希望に満ちた未来に辿り着いた。
行きなさい!そしていつか島を目覚めさせて
史彦「希望?君はこれからどうするんだ?」
織姫「島に命を還すわ。次に産まれるコアを迎えてあげて」
史彦「プランデルタを発動!!!」
剣司「プランデルタが発令された?!」
咲良「そんな!どうして?!!」
芹「織姫ちゃん!!!!」
猛ダッシュする芹ちゃん
剣司「立上!!!待て!!行くな!!!」
織姫「迷わず行きなさい」
史彦「未来を見つめる戦いに耐えて我々を守り抜いた島のコア。皆城織姫に感謝する」
  
織姫「みんなが願い、私が産まれた。ありがとう」
史彦「アルヴィス総員、必ずこの島に戻る」

そして身体が弱った澄美さんがプラン進行させる、
島を出ればあと少しは生きれるけど最期はここで過ごしたいと申し出る
織姫「あなたが眠るまで通信を保ってあげる。別れの言葉を言えるように」
澄美「ありがとう。人の心を持つコアが居たから私達は生きられた」




ジョナミツ「消えろ!!真壁!!!」
一騎『いなくなってもそいつが居た証拠はどこかに残る。そうだろ?翔子。カノン。』
ジョナミツ「終わりだ!真壁!!!」

一騎「おれはおまえを信じる。お前の心は今どこにいる?ミツヒロ」

ミツヒロの心が呼応する
ジョナミツ「俺が…アイを…殺したんだ…頼む真壁…俺を消してくれ…」
ショタコア「お前は僕の物だ!!!」









織姫「私、怖くないよ。」
本当は怖いんだろうな…


織姫「なに?」
芹ちゃんが飛んでくる
「ドゥワアアアアアアァアアア!!!!!」

織姫「芹!!!何をしているの?島を出なさい!!!」 
芹「織姫ちゃん…いつも1人で泣いてた。悲しくてもみんなを守って。
私が織姫ちゃんを守るよ。ずっと一緒に居るよ」


織姫「やめてよ…やだよ!!!芹ちゃんは生きてよ!!!居なくならないでよ!!!!!」
 
うわあああああ織姫ちゃんは芹ちゃんって心の中でいつも呼んでたのか織姫ちゃん(;_;)

織姫「私達にはあなたを変える力は無い。でも眠らせることはできる。
この星であなたと対話させる相手は未来に居るの
その時までは眠りなさい。この島で」
ゴル結に語りかける

咲良「母さんそこを出て!お願い母さん!!」
澄美「行きなさい。剣司くんと一緒に」
咲良「嫌だ!母さん!!!母さん!!」


織姫「あなたは眠って。島が目覚める日まで。また会おうね。芹ちゃん…
「また会おうね芹ちゃん」のとこで声が震えてる織姫ちゃん。本当の織姫ちゃんの優しい口調と気持ちが出てて涙

 
竜宮島が飲み込まれていく。眠りにつく竜宮島。
史彦「全島民に告ぐ。これは滅びでは無い!!新たな希望である!我々は必ずや故郷へ帰る!!!」
総士「これが…辿り着いた未来…怖いか?ニヒト。…僕もだ。
存在が消える恐怖。痛みの固形化。」
織姫『産まれることへの恐れも同じ。
痛みも悲しみも生きること全て祝福なの。
全てを受け入れて世界を祝福する時、誰もが希望に満ちた未来を開く。
いつだってそれは信じていい未来なんだよ。総士。
総士「還ったか。織姫…僕らも還ろう、ら命の源へ」


一騎「フェストゥムの世界?」
総士「その入り口。
存在と無の地平線だ。
僕は今度こそその地平線を越えるだろう。
無と存在の調和を未来に託して
 
一騎「待て総士!俺も!」
 
「甲洋」

「来栖?」
 
総士「未来を導け。一騎。そして互いの祝福の彼方で会おう。何度でも」
一騎「あぁ。必ず」





ビリー「真矢!!!」

ビリー「兄さんは正しい人だった。アイもミツヒロも。なのに…何が正しいか分からない…!!!うわああああ」

?!!!!なんと溝口さんに撃たれるビリー…
弟子が殺されそうになってたから当然師匠として正しい判断なんだろうけど
まさかビリーが溝口さんに撃たれるだなんて想像もしていなかった…

真矢「撃って良かったんだよ…ごめんね…」

美羽「真矢お姉ちゃん」

真矢「美羽ちゃん、お姉ちゃん達は?」
美羽「みんなここにいるよ」



美羽「みんなを守ってくれてありがとう」

剣司「必ず帰るぞ。俺たちの島へ」




それから二年後の海神島






「ねぇ、あの向こうには何があるの?」
一騎「世界とおまえの故郷だ」
  
「世界?故郷?」
一騎「行こう。総士」
 
―君は知るだろう。苦しみに満ちた生でも存在を選ぶ心。
それが僕らを出会わせるのだろう。
世界の祝福と共に僕らは出会い続ける
まだ見ぬ故郷に帰り続ける。何度でも

織姫ちゃんの「やだよ芹ちゃん…!!!」
のシーンで涙腺崩壊した…
織姫ちゃん…あのシーン思い出すとまた泣ける
広登との「頑張ったな。暉」のあと抑えてた感情が溢れた暉のシーンも号泣だった
エグゾではこの2つのシーンで号泣
それと広登のお父さんが涙堪えてるところとドンマイさんが「どうして…」って感情が爆発するとこも泣いた
エグゾは広登暉の今まで描かれなかった関係性とかが濃く描かれて嬉しかったけど
芹ちゃんとのやり取りはほぼ無くてなぁ
芹ちゃんは乙姫ちゃんと織姫ちゃん全力ラヴァーだから
芹ちゃんは島で眠り目覚めを待つということで
織姫ちゃんや広登達が存在したという島の記憶と共に眠ってるという風に考えると
芹ちゃん的には良い選択だったのかな
芹ちゃんが目覚めるまでは芹ちゃん世代は里奈ちゃん1人だけ…
成人式も里奈ちゃん1人でやるのかな…
広登世代ラヴァーとしてはEXODUSは辛さしか感じない作品だった。
HAEで終わっていてくれた方が幸せだったし何度も見返していた。
真矢もEXODUSは辛かったな…
最終回で一騎との会話ややりとり皆無だったし
2クール目突入してから真矢には最後まで辛い展開しかなかった。
キースとビリーは暉と真矢がもしかしたら彼等のような闇落ちしてたかもしれないという対比。
暉は広登、ウォルター、真矢のメンタルケアが無ければ完全闇落ちしてたし
真矢もギリギリ踏みとどまったが23話で闇落ちしかけてたし
エグゾは後半ずっと真矢が辛いままで終わった印象
最後美羽ちゃんが「みんなを守ってくれてありがとう」って抱きしめてくれた時少しだけ心の枷や重荷が和らいだのかもしれないけど
真矢のお姉さんであり美羽ちゃんのお母さんの弓子さんもいなくなっちゃったんだと思うと悲しい
彗くんはあの後里奈ちゃんにお尻見せてもらったのかな…
そして新たなファフナー呪いのジンクスに気付いた人がいた
道生の銃所持者
道生→死亡
弓子→死亡
真矢→生存
アイ→(ビリーに渡すまで所持)死亡
ビリー→渡されてすぐ死亡

…。
そしてHEAVEN AND EARTHを最後にファフナーシリーズ締めてれば死ななかった島のキャラ達

  • 広登


  • カノン

  • オルガ

  • 澄美

  • 弓子

  • 総士


…。
続編はもう作って欲しくないな。一騎と総士の物語はエグゾで終了だし
続編作っても更なる焼き増しにしかならなさそうだし。
そんなお通夜モードだったけど
広登ファン的にはハッピーな情報が突如発表された
なんと蒼穹のファフナーEXODUS 8巻の円盤の特典に広登のキャラソン
全力LOVE」が収録されるとのこと!!!!!!イヤッホォォォイ!!!!!





やっと「愛っ☆」のフルバージョンが聞けるよ!!!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

Eskapizm△えすかぴずむ

サブカル、ゆめかわいい、ダウナー
Tシャツ、スウェット、パーカー

プロフィール

ニナリーベルト

Author:ニナリーベルト
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。