スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼穹のファフナー EXODUS 25話◇感想

25話 蒼穹作戦

fc2blog_20151223233030ed1.jpg




太平洋生存権を掌握。新国連から独立しアルタイル獲得を目指すバーンズ達。


ショタコア「君を世界から王様にしてあげる」



バーンズ「世界の王か・・・」

ジョナミツ「第三アルヴィス・・・お前の島か?」
ショタコア「今はただの抜け殻さ」

ジョナミツ「アイ!無事だったんだな・・・アイ!!!」
アイ「私も戦うわ。あなたと希望のために」
ビリー「ミツヒロ!!アイ!!!」

ジョナミツ「復讐の機会を与えてやる。キース」

ビリー「なに?どういうこと?」



アイ「真矢の銃よ。敵を討ちなさい。ビリー」

暉「母さん父さんを探してた頃を思い出す」
里奈「死んだ人を探して何になるの。死んだ人の分まで生きるしかないじゃん」
暉「命の記憶が未来を作るんだ。父さんも母さんも俺もここにいる。お前の未来のために」

里奈「広登・・・?・・・暉、ねぇどこに行くの?」

里奈「これあんたのでしょ?」


暉「俺が書けなかった願いをおまえが書くんだ」
暉結局願い書けないまま本当に行ってしまったのだな・・・そして広登に肉体の一部も島に帰ってきたからゴル結にいるんだ

里奈「やだよ・・・そんなの・・・ねぇ行かないで・・・置いてかないで・・・暉!!!!!」

里奈「暉が行っちゃった・・・広登と一緒に・・・」

西尾の婆ちゃん「ごめんよ・・・家族も誰も守れなくて・・・」

剣司「これが残ってた。俺の責任だ。すまん」



美三香完全復活


総士「第三アルヴィスのコアだった存在か」
真矢「私のお父さんのせい。ミツヒロも人類軍もきっと来る。あのコアに支配されて」
総士「君が背負う必要はないんだ」
真矢「うん。分かってる。ありがとう」

総士「分かっちゃいないさ…」(小声)


一騎も復活
一騎「父さん アショーカのコアが死にかけてる」
織姫「希望はある。守りなさい。平和を願って戦いを選んだのなら」

そして真矢と総士達が島へ帰還

総士「一騎…!!」
千鶴「真矢!無事で良かった…」


総士「ただいま戻りました」

史彦「困難な任務をよく成し遂げてくれた」

織姫「真矢とニヒト両方守ったのね!」(嬉しそうな顔の織姫ちゃん)

総士「コアの命令に背くことはない」(微笑む総士)

総士「帰ってきたな。一騎」



一騎「お前が選んだ道を俺も選ぶよ。おかえり遠見!広登は?

真矢「・・・っ!!」

総士「遺体の一部を持ち帰った」

総士のその言葉に目を伏し目がちにする千鶴さんと緊張感漂わせる史彦

一騎「・・・敵か?それとも・・・」
総士「不明だ。には僕から話す

うわあああああああああ

一騎「暉は・・・もう・・・いないんだ・・・」
辛い情報交換…

総士・真矢「え・・・っ?!!!!!」




芹「…!!おかえりなさい!!!・・・遠見・・・先輩・・・?」

そこには広登は居らず
俯き辛辣な表情を浮かべる総士、一騎、真矢を見て察した後瞳を潤ませる芹ちゃん・・・


ドンマイさんこと広登の姉堂馬舞「嘘……こんなの嘘だよ……ヒロちゃん……」

クーラーボックスを開け驚いた表情をした後目を潤ませ涙を堪える広登のお父さん
広登父「おかえり広登…。痛かっただろうなぁ……もう、ゆっくり休んでいいんだぞ……」

舞「どうして!!!!!?どうして!!!どうして!!!!!」
悲痛な叫びに涙が出る私…



真矢「ただいま。カノン」



総士「同化現象は?」

剣司「感覚が消えてゆく。熱も、寒さも、痛みも」

総士「指揮は取れるのか?」

剣司「まだ大丈夫。おまえは?」

総士「僕はいついなくなるか分からない」

剣司「させねーよ。全員で生き残るんだ」

そして真矢に明日成人式をすることを伝える剣司。島の文化を残す為に

西尾家では暉が録画したメッセージビデオを鑑賞

総士「僕の生存限界か。
君の名を僕は知らない。君がこの機体と出会うならそれが君の運命となる。
僕の名前は皆城総士だ。
君がこれを聞く時僕はもうこの世にはいないだろう。」




1話のセリフか…誰に向けての記録なのか誰がこれを聞くことになるのか
あるある的な感じだと最終回のラストでこのメッセージを数年後の世代の誰かが聞いてのENDだよね。
しかしファフナーシリーズはこれで終わらしていただきたい・・・

そしてこの直後ファフナー無印サントラCMで衛と翔子がピックアップされてた



史彦「今、諸君に与えたアルヴィスへのアクセス権限は 諸君が背負う責任そのものだ」
「苦難の道を生き抜いて欲しい。諸君こそ我々にとっての誇り高い未来である」



そして三日後


人類軍はベイグランド及び第三のザルヴァートルモデルを所有。深刻な脅威
アルタイルはエスペラントの予想では24時間以内に地球に接近。
だが上空の敵がアショーカの力を妨げている

史彦「 敵の要はベイグランドだ。ファフナー部隊がこの敵に対抗する」

里奈と彗くんがゼロファフナーに搭乗し2人のSDPで敵を落とす作戦。
ゼロはどんなSDPも発現可能な凄い機体の代わりに搭乗者の力とか命めちゃくちゃ吸い取るよね


史彦「人類軍は我々が引き受ける。質問は?」
一騎「必要なら、俺が人類軍と戦う」


総士「一騎…」

真矢「一騎くん…」


史彦「おまえ達が学んだのは人の怖さだけか?
人は時に恐ろしい存在になる。
だがそれでもなお信じるべきなのだ」


広登は最期までずっと人を信じ続けたから広登の志も反映させてる感じだ。
暉も最期は信じ合うことを学んだ…
そこに自分で気づけた2人は熟した果実なのか…



史彦「おまえ達に人を撃てと命じることは無い。
ファフナーパイロットとして使命を果たせ!!!」
「「「了解!!!!!!」」」

カッコイイ史彦…



織姫「ここが未来の分かれ道になるわ」
総士「信じるさ。おまえが告げた未来」



芹「いってきます。織姫ちゃん」

このシーンなんか意味深…


彗「暉先輩の席、俺が居ていいんですか?」
里奈「私があんたの力を大きくするから空の敵を私の前に引き摺り下ろして。」
 
この里奈ちゃん暉そっくりだ

「ほら、舞さん」
「ちゃんと伝えて。後悔しないように」


舞「…貢くん…溝口さん…ごめなさい…私…2人ともヒロちゃんの為に危険な場所に行ってくれたのに」
溝口「任務を果たせなかった。当然だ」

陣内「広登くんの戦いを無駄にしない」

舞「2人とも無事に戻ってきて」



陣内「あぁ。俺たちの島は頼んだぞ」




史彦「これより第4次蒼穹作戦を開始する!!!」
そしてナイトヘーレ開門のBGM!!!cool



里奈「そう!訓練通り波長を合わせて。
あと、いちいち私のお尻なんか気にしないの!!!


彗「……はっ…すいません……」




里奈「勝ったらいくらでも見せてあげるから!!作戦に集中!!!いい?」
彗「はっ、はいっ!」



ミカミカ&芹ちゃん



芹「ごちそうさま!!!」
 
イケメン侍も無双する


ミカミカ「ゴウバインプログラム起動!!!」
剣司「だからねぇって。そんなプログラム」


総士「進め!ぼくが敵フィールドを破壊する!」

操「あははっ!!君と一緒に戦うのは楽しいね♪」



総士「随分巨大だが…それだけか?
うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」




総士「無にいいいいいいいいいぃ

還れええええええええ!!!!!!!」



一騎「還りな。お前達が行くべき無へ」
一騎が総士のように無に還すマンになった…しかし一騎は諭し気味に優しく




里奈「グッ…痛みは背負うから!集中して!!!!」


アルヴィス艦隊全館通信不能速力0
史彦「機関停止。通信チャンネル開放」
「応じるとは思えません!」
史彦「必ず届く!!!」


ディラン「Dアイランドが動きを止めた?!」
そしてファフナー部隊に第三アルヴィス制圧を命令するバーンズ

ジョナミツ「総員出撃ぃ!」


ビリー「狙撃だ!撃たれてる!」
キース「この距離で当てるだって?!」

真矢の精密な狙撃

 
アイ「誰も死んでない…?殺す気が無いと?」

 


総士「これがおまえの心臓だああああああああああ!!!!!!!!!」





弓子「これで希望が育つわ。私達の命ね」
美羽「ママ?」
エメリー「お別れだよ。美羽」
美羽「え?」


 アショーカを守る為に消えた…




「Dアイランドは攻撃しないのですか?」
ヘスター「彼らにはまだ利用価値があります。甘いかしらね真矢」

シャンパン片手に語らうのが・・・


ヘスター「救済の炎…いつ見ても美しい」



彗「落ちろおおおおおおおおおおお!!!!!!!」
里奈「うおああああああああ」

彗くん、これはヤバい…

ベイグラントが落ちた


操「あっはは♪やっとあれと戦える!!!」
甲洋「遊びじゃないよ。来栖」




一騎「おまえが俺たちを戦わせるのかァっ!!!!!!!!」

総士「倒れた者達の報いを受けろ!!!!!!!」

「?!」
マークレゾン登場…

ジョナミツ「見よ!!俺にも乗れるぞ!!!父が作ったザルヴァートルモデルに!!!!!!」

一騎「よせ!!!!!ミツヒロ!!!!!」



総士「やめるんだ一騎!!!!こいつは人ではない!!!人と信じ込まされた怪物だ!!!!!!!!!!!!!!!」


ジョナミツ「させるものかああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

総士「邪魔をするなああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 







今回は聡士の叫びがすごい回だった


ジョナミツも根はすごく良い奴だから辛いな・・・

ジョナミツとビリー良い奴・・・・


そして世界一暗い成人式だった。


来週もう最終回だなんて…
何度も言うけど本当に尺がもう少しあれば………

最後の1話でどう展開するんだろう。

ファフナーは意外な展開が多いから想像し難い

総士、一騎、芹ちゃん、ドンマイさん、広登父も広登生きてると信じてたんだ…
なんとなく暉のように察してるのかと思ってたけど信じたいよね。

総士真矢一騎はキャンプの時暉のメンタルおかしくならないように広登のことはあまり触れなかったりしたのではなくて
捕虜にされてるとかでなんとか元気に生きてることを信じてたのか

総士が広登連れ帰る約束を芹ちゃんとしたのも広登は生きてると思ってたからなのかな

ファフナーシリーズがHAEで終わってたら広登も暉もカノンも元気で暮らしてたんだな…

HAEはファフナーに珍しくわりとハッピーエンドだったのに…

今後HAE見れない…広登と暉はいなくなったんだ…と思うと

HAEの後輩組の男子全滅しちゃうなんて…辛すぎるよ…
スポンサーサイト



史彦「今、諸君に与えたアルヴィスへのアクセス権限は 諸君が背負う責任そのものだ」
「苦難の道を生き抜いて欲しい。諸君こそ我々にとっての誇り高い未来である」



そして三日後


人類軍はベイグランド及び第三のザルヴァートルモデルを所有。深刻な脅威
アルタイルはエスペラントの予想では24時間以内に地球に接近。
だが上空の敵がアショーカの力を妨げている

史彦「 敵の要はベイグランドだ。ファフナー部隊がこの敵に対抗する」

里奈と彗くんがゼロファフナーに搭乗し2人のSDPで敵を落とす作戦。
ゼロはどんなSDPも発現可能な凄い機体の代わりに搭乗者の力とか命めちゃくちゃ吸い取るよね


史彦「人類軍は我々が引き受ける。質問は?」
一騎「必要なら、俺が人類軍と戦う」


総士「一騎…」

真矢「一騎くん…」


史彦「おまえ達が学んだのは人の怖さだけか?
人は時に恐ろしい存在になる。
だがそれでもなお信じるべきなのだ」


広登は最期までずっと人を信じ続けたから広登の志も反映させてる感じだ。
暉も最期は信じ合うことを学んだ…
そこに自分で気づけた2人は熟した果実なのか…



史彦「おまえ達に人を撃てと命じることは無い。
ファフナーパイロットとして使命を果たせ!!!」
「「「了解!!!!!!」」」

カッコイイ史彦…



織姫「ここが未来の分かれ道になるわ」
総士「信じるさ。おまえが告げた未来」



芹「いってきます。織姫ちゃん」

このシーンなんか意味深…


彗「暉先輩の席、俺が居ていいんですか?」
里奈「私があんたの力を大きくするから空の敵を私の前に引き摺り下ろして。」
 
この里奈ちゃん暉そっくりだ

「ほら、舞さん」
「ちゃんと伝えて。後悔しないように」


舞「…貢くん…溝口さん…ごめなさい…私…2人ともヒロちゃんの為に危険な場所に行ってくれたのに」
溝口「任務を果たせなかった。当然だ」

陣内「広登くんの戦いを無駄にしない」

舞「2人とも無事に戻ってきて」



陣内「あぁ。俺たちの島は頼んだぞ」




史彦「これより第4次蒼穹作戦を開始する!!!」
そしてナイトヘーレ開門のBGM!!!cool



里奈「そう!訓練通り波長を合わせて。
あと、いちいち私のお尻なんか気にしないの!!!


彗「……はっ…すいません……」




里奈「勝ったらいくらでも見せてあげるから!!作戦に集中!!!いい?」
彗「はっ、はいっ!」



ミカミカ&芹ちゃん



芹「ごちそうさま!!!」
 
イケメン侍も無双する


ミカミカ「ゴウバインプログラム起動!!!」
剣司「だからねぇって。そんなプログラム」


総士「進め!ぼくが敵フィールドを破壊する!」

操「あははっ!!君と一緒に戦うのは楽しいね♪」



総士「随分巨大だが…それだけか?
うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」




総士「無にいいいいいいいいいぃ

還れええええええええ!!!!!!!」



一騎「還りな。お前達が行くべき無へ」
一騎が総士のように無に還すマンになった…しかし一騎は諭し気味に優しく




里奈「グッ…痛みは背負うから!集中して!!!!」


アルヴィス艦隊全館通信不能速力0
史彦「機関停止。通信チャンネル開放」
「応じるとは思えません!」
史彦「必ず届く!!!」


ディラン「Dアイランドが動きを止めた?!」
そしてファフナー部隊に第三アルヴィス制圧を命令するバーンズ

ジョナミツ「総員出撃ぃ!」


ビリー「狙撃だ!撃たれてる!」
キース「この距離で当てるだって?!」

真矢の精密な狙撃

 
アイ「誰も死んでない…?殺す気が無いと?」

 


総士「これがおまえの心臓だああああああああああ!!!!!!!!!」





弓子「これで希望が育つわ。私達の命ね」
美羽「ママ?」
エメリー「お別れだよ。美羽」
美羽「え?」


 アショーカを守る為に消えた…




「Dアイランドは攻撃しないのですか?」
ヘスター「彼らにはまだ利用価値があります。甘いかしらね真矢」

シャンパン片手に語らうのが・・・


ヘスター「救済の炎…いつ見ても美しい」



彗「落ちろおおおおおおおおおおお!!!!!!!」
里奈「うおああああああああ」

彗くん、これはヤバい…

ベイグラントが落ちた


操「あっはは♪やっとあれと戦える!!!」
甲洋「遊びじゃないよ。来栖」




一騎「おまえが俺たちを戦わせるのかァっ!!!!!!!!」

総士「倒れた者達の報いを受けろ!!!!!!!」

「?!」
マークレゾン登場…

ジョナミツ「見よ!!俺にも乗れるぞ!!!父が作ったザルヴァートルモデルに!!!!!!」

一騎「よせ!!!!!ミツヒロ!!!!!」



総士「やめるんだ一騎!!!!こいつは人ではない!!!人と信じ込まされた怪物だ!!!!!!!!!!!!!!!」


ジョナミツ「させるものかああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

総士「邪魔をするなああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 







今回は聡士の叫びがすごい回だった


ジョナミツも根はすごく良い奴だから辛いな・・・

ジョナミツとビリー良い奴・・・・


そして世界一暗い成人式だった。


来週もう最終回だなんて…
何度も言うけど本当に尺がもう少しあれば………

最後の1話でどう展開するんだろう。

ファフナーは意外な展開が多いから想像し難い

総士、一騎、芹ちゃん、ドンマイさん、広登父も広登生きてると信じてたんだ…
なんとなく暉のように察してるのかと思ってたけど信じたいよね。

総士真矢一騎はキャンプの時暉のメンタルおかしくならないように広登のことはあまり触れなかったりしたのではなくて
捕虜にされてるとかでなんとか元気に生きてることを信じてたのか

総士が広登連れ帰る約束を芹ちゃんとしたのも広登は生きてると思ってたからなのかな

ファフナーシリーズがHAEで終わってたら広登も暉もカノンも元気で暮らしてたんだな…

HAEはファフナーに珍しくわりとハッピーエンドだったのに…

今後HAE見れない…広登と暉はいなくなったんだ…と思うと

HAEの後輩組の男子全滅しちゃうなんて…辛すぎるよ…
スポンサーサイト



史彦「今、諸君に与えたアルヴィスへのアクセス権限は 諸君が背負う責任そのものだ」
「苦難の道を生き抜いて欲しい。諸君こそ我々にとっての誇り高い未来である」



そして三日後


人類軍はベイグランド及び第三のザルヴァートルモデルを所有。深刻な脅威
アルタイルはエスペラントの予想では24時間以内に地球に接近。
だが上空の敵がアショーカの力を妨げている

史彦「 敵の要はベイグランドだ。ファフナー部隊がこの敵に対抗する」

里奈と彗くんがゼロファフナーに搭乗し2人のSDPで敵を落とす作戦。
ゼロはどんなSDPも発現可能な凄い機体の代わりに搭乗者の力とか命めちゃくちゃ吸い取るよね


史彦「人類軍は我々が引き受ける。質問は?」
一騎「必要なら、俺が人類軍と戦う」


総士「一騎…」

真矢「一騎くん…」


史彦「おまえ達が学んだのは人の怖さだけか?
人は時に恐ろしい存在になる。
だがそれでもなお信じるべきなのだ」


広登は最期までずっと人を信じ続けたから広登の志も反映させてる感じだ。
暉も最期は信じ合うことを学んだ…
そこに自分で気づけた2人は熟した果実なのか…



史彦「おまえ達に人を撃てと命じることは無い。
ファフナーパイロットとして使命を果たせ!!!」
「「「了解!!!!!!」」」

カッコイイ史彦…



織姫「ここが未来の分かれ道になるわ」
総士「信じるさ。おまえが告げた未来」



芹「いってきます。織姫ちゃん」

このシーンなんか意味深…


彗「暉先輩の席、俺が居ていいんですか?」
里奈「私があんたの力を大きくするから空の敵を私の前に引き摺り下ろして。」
 
この里奈ちゃん暉そっくりだ

「ほら、舞さん」
「ちゃんと伝えて。後悔しないように」


舞「…貢くん…溝口さん…ごめなさい…私…2人ともヒロちゃんの為に危険な場所に行ってくれたのに」
溝口「任務を果たせなかった。当然だ」

陣内「広登くんの戦いを無駄にしない」

舞「2人とも無事に戻ってきて」



陣内「あぁ。俺たちの島は頼んだぞ」




史彦「これより第4次蒼穹作戦を開始する!!!」
そしてナイトヘーレ開門のBGM!!!cool



里奈「そう!訓練通り波長を合わせて。
あと、いちいち私のお尻なんか気にしないの!!!


彗「……はっ…すいません……」




里奈「勝ったらいくらでも見せてあげるから!!作戦に集中!!!いい?」
彗「はっ、はいっ!」



ミカミカ&芹ちゃん



芹「ごちそうさま!!!」
 
イケメン侍も無双する


ミカミカ「ゴウバインプログラム起動!!!」
剣司「だからねぇって。そんなプログラム」


総士「進め!ぼくが敵フィールドを破壊する!」

操「あははっ!!君と一緒に戦うのは楽しいね♪」



総士「随分巨大だが…それだけか?
うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」




総士「無にいいいいいいいいいぃ

還れええええええええ!!!!!!!」



一騎「還りな。お前達が行くべき無へ」
一騎が総士のように無に還すマンになった…しかし一騎は諭し気味に優しく




里奈「グッ…痛みは背負うから!集中して!!!!」


アルヴィス艦隊全館通信不能速力0
史彦「機関停止。通信チャンネル開放」
「応じるとは思えません!」
史彦「必ず届く!!!」


ディラン「Dアイランドが動きを止めた?!」
そしてファフナー部隊に第三アルヴィス制圧を命令するバーンズ

ジョナミツ「総員出撃ぃ!」


ビリー「狙撃だ!撃たれてる!」
キース「この距離で当てるだって?!」

真矢の精密な狙撃

 
アイ「誰も死んでない…?殺す気が無いと?」

 


総士「これがおまえの心臓だああああああああああ!!!!!!!!!」





弓子「これで希望が育つわ。私達の命ね」
美羽「ママ?」
エメリー「お別れだよ。美羽」
美羽「え?」


 アショーカを守る為に消えた…




「Dアイランドは攻撃しないのですか?」
ヘスター「彼らにはまだ利用価値があります。甘いかしらね真矢」

シャンパン片手に語らうのが・・・


ヘスター「救済の炎…いつ見ても美しい」



彗「落ちろおおおおおおおおおおお!!!!!!!」
里奈「うおああああああああ」

彗くん、これはヤバい…

ベイグラントが落ちた


操「あっはは♪やっとあれと戦える!!!」
甲洋「遊びじゃないよ。来栖」




一騎「おまえが俺たちを戦わせるのかァっ!!!!!!!!」

総士「倒れた者達の報いを受けろ!!!!!!!」

「?!」
マークレゾン登場…

ジョナミツ「見よ!!俺にも乗れるぞ!!!父が作ったザルヴァートルモデルに!!!!!!」

一騎「よせ!!!!!ミツヒロ!!!!!」



総士「やめるんだ一騎!!!!こいつは人ではない!!!人と信じ込まされた怪物だ!!!!!!!!!!!!!!!」


ジョナミツ「させるものかああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

総士「邪魔をするなああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 







今回は聡士の叫びがすごい回だった


ジョナミツも根はすごく良い奴だから辛いな・・・

ジョナミツとビリー良い奴・・・・


そして世界一暗い成人式だった。


来週もう最終回だなんて…
何度も言うけど本当に尺がもう少しあれば………

最後の1話でどう展開するんだろう。

ファフナーは意外な展開が多いから想像し難い

総士、一騎、芹ちゃん、ドンマイさん、広登父も広登生きてると信じてたんだ…
なんとなく暉のように察してるのかと思ってたけど信じたいよね。

総士真矢一騎はキャンプの時暉のメンタルおかしくならないように広登のことはあまり触れなかったりしたのではなくて
捕虜にされてるとかでなんとか元気に生きてることを信じてたのか

総士が広登連れ帰る約束を芹ちゃんとしたのも広登は生きてると思ってたからなのかな

ファフナーシリーズがHAEで終わってたら広登も暉もカノンも元気で暮らしてたんだな…

HAEはファフナーに珍しくわりとハッピーエンドだったのに…

今後HAE見れない…広登と暉はいなくなったんだ…と思うと

HAEの後輩組の男子全滅しちゃうなんて…辛すぎるよ…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

Eskapizm△えすかぴずむ

サブカル、ゆめかわいい、ダウナー
Tシャツ、スウェット、パーカー

プロフィール

ニナリーベルト

Author:ニナリーベルト
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。